リスクの抑え方をレクチャー

ここで、リスクの抑え方をレクチャーいたしましょう。

投資信託のリスクは、長期投資と分散投資で効果的に抑えることが可能です。

「長期投資」とは、文字通り長い期間にわたって投資し続けることを意味します。
そうすることで短期的な値段の上下よりも、長期にわたる成長の大きなうねりに乗ることができる、というメリットがあります。

株式であっても10年間投資をすれば、株式市場の長期的な成長に乗ることができ、結果として元本割れの危険性を減らすことができました。
この手法は景気が上向きな昨今、非常に有効な方法です。
大切なのは、短期の値段の動きに一喜一憂することなく、長い目で市場を考えるということです。

もうひとつ「分散投資」とは、さまざまな種類の資産に分散して投資するということです。
こうすることで、1カ所で損失が発生しても他方でそれをカバーし、全滅という最悪の事態を防止します。

小分けにして分散運用していくというこの手法は、あなたの大切な資産を守る重要な投資術なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3458202
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック