3大投資の詳細をご説明

3大投資の詳細をご説明いたします。

(※1)株式とは、企業が資金を調達する目的で発行する有価証券です。
株式を購入した人は、発行した企業に出資することになるため企業の業績などに応じて配当金を受け取ったり、将来の値上がり益が期待できるわけです。
このことを「株式投資」といいます。

(※2)債券とは、国や地方公共団体、企業などが市場から資金を調達する目的で発行する一種の借用証書です。
債券を発行する国や企業のことを発行体といい、償還期限が10年以上のものもあれば、1年未満の短期の債券もあります。
これらを「債券投資」といい、比較的安全な商品といえます。

(※3)リート(不動産投資信託、Real Estate Investment Trust(REIT))とは、投資家から集めた資金を主に不動産などで運用する投資信託です。
値上がりの収益が期待でき、しかも比較的高水準の配当を安定して得られるという人気商品です。
”安全に攻める”感じが受けているのでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3476370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック